理学療法と身体操作の気づきメモ

理学療法と身体操作について気づいたことを書き留めてゆきます。個人的見解が多いので、ご了承ください。

歩行時の上肢運動

歩くときは上肢も動く。

 

頚髄のCPG?

下肢運動からの運動連鎖?

 

少なくとも歩行に上肢運動は必要だと思う。

 

ウォーキングマシンで手すりを持って歩いてみてください。

徐々にスピードを上げて「普段の自分の歩行速度」だと思うところになったところで、手すりから手を放してみてください。

f:id:masuiPT:20170604223846j:plain

おそらく、違和感を感じるでしょう。

そのときの速度は「普段の自分の歩行速度」ではないはずです。

 

上肢運動なしの歩行は「普段自分が行っている歩行」ではないのです。

 

面白い実験ですので、ぜひやってみてください。

 

www.dlmarket.jp